ビタミンをしっかりとると、精力的にも復活するらしいが

ビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、

頑固な色素の強いシミを数週間単位という早さで薄い色にするのに実に優れている治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・紫外線が原因の肝斑(かんぱん)・にきび跡などに用いられます。

加齢印象を与える最も重要な原因の一つが、歯に蓄積したくすみです。

一見ツルツルしている歯の表面には、見えないくらい小さな凸凹があり、暮らしの中で黄ばんだ着色やタバコの脂などの汚れが付きやすくなっています。

ことさら夜の歯のお手入れは大事。

“蓄積くすみ”を除去するため、夜間は丁寧に歯みがきすることをおすすめします。

ただし、歯みがきは何度も行えば良いわけではなく、1回1回の質を向上させることが肝心なのです。

私たちが提唱するリハビリメイクには、体に損傷を被ってしまった人のリハビリと同じく、

顔などの容貌に損傷を受けた人がもう一度社会に踏み出すために学ぶ能力という側面があるのです。

ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れを指す言葉。ヘルスケア、美容、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(QOL)の保全といったあらゆるシーンで活躍しており、今やネイルケアはなくてはならないものと言えよう。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような症状と関連している事の中でお肌の持続的な炎症(湿疹・掻痒感など)が現れるものでこれも皮膚過敏症の仲間なのだ。

心臓の遠くにある下半身は、重力の関わりでリンパの循環が滞留するのが一般的だ。

むしろ下半身に起こるむくみは、リンパ液が少し停滞していますよというサインの一種程度に解釈したほうがよいだろう。

下まぶたにたるみが出ると、男女を問わずみんな本当の年齢よりもずっと年上に映ってしまいます。皮膚のたるみには色々ありますが、中でもことさら目の下は目立つエリアです。

それぞれ患者さんによって肌質は異なりますし、先天的な要素によるドライスキンなのか、もしくは後天的なドライ肌なのかに応じて処置の仕方が大きく違ってきますので、充分な注意が必要とされるのです。

皮膚の奥深くで誕生した肌細胞はスローペースで皮ふの表面へと移動し、結果的には皮膚の表面の角質となって、約4週間後に自然に剥がれていきます。

これらの活動が新陳代謝の内容です。

寝不足は皮膚にどんな影響を与えるかご存知でしょうか?

その代表格のひとつは皮ふのターンオーバーの乱れです。

正常なら28日単位である肌の生まれ変わる速度が遅くなります。

美白ブームは、1990年辺りからあっという間に女子高校生などに浸透したガングロなど、不自然なまでに日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの批判ともとれる考え方が含まれているのだ。

明治の終わり頃に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介すると、これらを総括する用語のひとつとして、美容がけわいの替わりに使用され始めた。

美容とは、化粧や結髪、服飾などの手段でもって容貌や外見をよりきれいに見せるために形づくることを言う。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)の同義語として使用されていたらしい。

「デトックス」法に危険性や問題は無いと言えるのだろうか。第一、体に蓄積していく「毒物」とはどのようなもので、その「毒」とやらは果たして「デトックス」の効果で体外へ排出できるのか?